2018年03月06日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

歯の大きさや形でゴールデンプロポーションが決まる!

歯の色が人それぞれ違うように、形も異なるというのは意外と知られていません。
歯並びばかりに目がいってしまいますが、歯のゴールデンプロポーションを知れば、より美しい口元にすることができます。
ゴールデンプロポーションとは、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとした数学者が様々なデーターから人間が最も美しいと感じる比率のことを言います。
日本語では黄金比という言い方もします。

歯の場合にも黄金比が決まっていて、一番真ん中の隣の歯を中心として、1.618:1.0:0.618という比率になるのが理想的だと言われています。
真ん中だけ大きすぎてもいけませんし、3本の歯のバランスが非常に重要になります。
もし、差し歯を作る機会があったら、ゴールデンプロポーションのことを思い出しましょう。
自分の歯の大きさは変えることができませんが、差し歯でしたらある程度大きさを変えることができます。
犬歯だけ大きいのが悩みであるなど、お口の状態は人それぞれですが、黄金比のことを知っていれば、悩みを解消できるかもしれません。

また、スマイルデザインという言葉も覚えておきましょう。
スマイルデザインとは、笑った時の前歯の下のラインと下唇の関係から生まれます。
両方のアーチの形が平行になるようにするのが美しい笑顔とされています。
笑った時には、いつもよりも口の中が大きく見えている状態です。
歯がガタガタしている状態では、ラインがきれいに揃うことはありません。
均整の取れた笑顔というのは、誰が見ても美しいと感じます。

顔というのは、持って生まれたものです。
しかし、口元に関してはある程度の治療が可能になります。
ラインを揃えたり、バランスを考えるだけでその人の顔の印象は大きく変わります。
そうすることで、今までとは違った自分にであるかもしれません。
わざわざ削って整えるというのに抵抗があれば、痛い部分や治療の際に一言伝えてみましょう。
自分の希望する口元にしてくれる可能性が高くなります。

ただ、大きさについては1本だけ削っても調整できないことが多いです。
何本かまとめて治療するときにお願いすると、効果的に美しくなることができます。
形も丸みを帯びた方が女性らしいイメージになりますし、角ばった形は男性的になります。
理想とする口元がある場合は、スタッフにそのことを伝えてみましょう。
せっかく受ける治療であれば、よりきれいに、より美しくなりたいと誰もが思います。

関連記事はこちら

  • 加齢で歯茎が下がると見た目が悪くなるに関する画像
    2018.01.05

    加齢で歯茎が下がると見た目が悪くなる

    加齢で歯茎が下がると見た目が悪くなる 年齢と共に、身体の状態は変化しますが、お口の中の状態も例外ではありません。 お年寄りの口の中をじっくりと見たことはなくても、イメージとして若い人とは異なる様子が思い浮かぶでしょう。 歯の色は黄ばんでいき、歯茎が下がります。 歯茎が下がるという言葉からすぐ...

  • 歯医者には銀歯を白くする歯のマニキュアがあるに関する画像
    2017.11.14

    歯医者には銀歯を白くする歯のマニキュアがある

    歯医者には銀歯を白くする歯のマニキュアがある 銀歯や差し歯などの人工物は、ホワイトニングで白くすることができません。 しかし銀歯は目立つため、口元や歯の審美性を高めたい時に悩みとなってしまいます。 銀歯を取り除き審美性の高い差し歯や詰め物に変える方法もありますが、手間も費用もかかるのが特徴です...

  • 白い歯は重要!ホワイトニングで笑顔美人を目指そうに関する画像
    2017.08.13

    白い歯は重要!ホワイトニングで笑顔美人を目指そう

    白い歯は重要!ホワイトニングで笑顔美人を目指そう 笑顔美人の条件として、口を開いた時の白い歯があります。 口元の美しさは顔全体の印象に大きな影響を与えるので、歯がくすんでいたり黄ばみなどがあると好感度が減少してしまいます。 しかし、日常的に飲食を行っていくうちに歯に着色汚れが付くのは避けられず...