2017年11月14日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

歯医者には銀歯を白くする歯のマニキュアがある

銀歯や差し歯などの人工物は、ホワイトニングで白くすることができません。
しかし銀歯は目立つため、口元や歯の審美性を高めたい時に悩みとなってしまいます。
銀歯を取り除き審美性の高い差し歯や詰め物に変える方法もありますが、手間も費用もかかるのが特徴です。
そんな時におすすめなのが、即効性の高い歯のマニキュアです。
歯の色そのものを変えず、爪のマニキュアのように上から専用の塗料を塗ることで短期間で見た目を改善することができます。

マニキュアを歯に行う方法は、主に歯医者で行う方法と自分で行う方法の2種類があります。
それぞれにメリットとデメリットがあり、用途に合わせて使い分けることが可能です。

歯医者で行う方法はホワイトコートと呼ばれ、虫歯治療に使用される技術を応用したコーティング剤を歯に塗ります。
コーティング剤は歯の詰め物のように、特殊な光を当てると固まる性質があるので、簡単に剥がれないのが特徴です。
クリニックで専門家の手で施術が行われるので、仕上がりがきれいで自分で行う手間を省くことができます。
マニキュアの色は何種類か用意されていることが多く、真っ白から透明感のある白さのものまであります。
インパクトのある白い歯になることも、透明感のあるナチュラルな白さになることも可能です。

自分で歯のマニキュアを行う場合、ドラッグストアなどで市販されている製品を使用します。
値段は一般的に2000円から3000円程度とホワイトコートと比べると安価で、複数回使用できます。
クリニックに行かなくても自宅で手軽にでき、数分で塗り終わるのが特徴です。
1日程度でマニキュアは落ちてしまいますが、そのぶん気に入らない色だった場合にすぐにやり直すことができます。

自分で行う場合のコツとしては、マニキュアの接着力を高めるために、歯磨きで歯の表面の汚れを取り除きます。
水分が残っていると塗りが難しくなるため、歯をしっかり乾燥させます。
爪のマニキュアと同様に、何度も塗り重ねたりせず乾く前にスピーディーに塗ってしまうと仕上がりがきれいです。
10秒程度で乾燥するので、白くしたい歯を1本ずつ塗っていきましょう。

歯のマニキュアの効果があるのは一時的なもので、持続時間はクリニックで行うホワイトコートの場合は1ヶ月、自分で行う市販のものは1日程度です。
ホワイトニングは種類にもよりますが3ヶ月から1年程度持続するのに比べ、白い歯を持続させるためにはこまめに塗りなおさなければいけません。
ですが、マニキュアは即効性に優れるため塗ってすぐに歯を白くできるメリットがあります。

おすすめの歯医者

優秀な歯医者を探している方必見!
歯医者に行くなら愛媛県の松前町がオススメ

関連記事はこちら

  • 歯の大きさや形でゴールデンプロポーションが決まる!に関する画像
    2018.03.06

    歯の大きさや形でゴールデンプロポーションが決まる!

    歯の大きさや形でゴールデンプロポーションが決まる! 歯の色が人それぞれ違うように、形も異なるというのは意外と知られていません。 歯並びばかりに目がいってしまいますが、歯のゴールデンプロポーションを知れば、より美しい口元にすることができます。 ゴールデンプロポーションとは、レオナルド・ダ・ヴィン...

  • 加齢で歯茎が下がると見た目が悪くなるに関する画像
    2018.01.05

    加齢で歯茎が下がると見た目が悪くなる

    加齢で歯茎が下がると見た目が悪くなる 年齢と共に、身体の状態は変化しますが、お口の中の状態も例外ではありません。 お年寄りの口の中をじっくりと見たことはなくても、イメージとして若い人とは異なる様子が思い浮かぶでしょう。 歯の色は黄ばんでいき、歯茎が下がります。 歯茎が下がるという言葉からすぐ...

  • 白い歯は重要!ホワイトニングで笑顔美人を目指そうに関する画像
    2017.08.13

    白い歯は重要!ホワイトニングで笑顔美人を目指そう

    白い歯は重要!ホワイトニングで笑顔美人を目指そう 笑顔美人の条件として、口を開いた時の白い歯があります。 口元の美しさは顔全体の印象に大きな影響を与えるので、歯がくすんでいたり黄ばみなどがあると好感度が減少してしまいます。 しかし、日常的に飲食を行っていくうちに歯に着色汚れが付くのは避けられず...